2012年1月4日水曜日

Android タブレットを手に入れた話。

大晦日に実家(同じ市区内なんだけど)に帰ったら、やっぱり帰っていた姉から一言。
「あんた、iPadみたいなやついらん?会社から支給されたけどあたし使わんでさ。」
是非にということで、元日の夜に姉夫婦のうちまで取りに行ってきた。

もらったのは、「ARCHOS 101 Internet tablet」。
フランスの会社らしい。もっとも、箱には Made in China と書いてある。

開けてみるとこんな感じ。洋物だけに、電源アダプタはヨーロッパ用のコンセントも付属していた。

開封して電源アダプタをつなぎ、起動。
起動して最初の設定画面で、言語に日本語を選択することができた。
とはいえ、説明書は英語、フランス語とかで日本語は無く、情報を求めてググっていると、2chのまとめサイトを発見!こういう時の2chはホント頼りになるなぁ。
archosまとめwiki
こちらを参考に、日本語入力はOpenWnn plusというのを入れて設定した。

特に困ったのは、Android Marketが入っていないこと。
これは携帯電話会社とGoogleとの契約の関係らしくて、ARCHOSには代わりにAppsLibというマーケットアプリが入っているのだけど、Android Marketにしか無いアプリも多い。
けれども裏技で、ArctoolsというアプリでAndroid Marketがインストールできる。(Arktools自体はAppsLibからインストールできる。)
参考ページ:ARCHOS 70 に ArcToolsで google Android Marketを

そんなわけで、Androidマーケットも入り、ほぼ問題ない環境が揃った。

ケースがないので、とりあえずダイソーでB5のメッシュ袋を買ってきて入れた。裸よりはいいかな?

起動したところ。

さて、早速eBookを見てみよう、ということで、適当にePubリーダを探す。
ところがこれが以外と使えるリーダがない。
定番ぽい、プリインストールされていたAldiko Book Readerは、ePubファイルをmicrosdに入れて移動しなければならず、microsdはまだ購入していないので使用できず。
FBReaderを入れてみたが、レイアウトがぐだぐだ。
CopperReaderを入れて、ようやく本らしい表示になった。けれども文字はところどころスキマが空くし、目次は変な改行になるし、どうも見た目が良くない。

写真は、CopperReaderで技術評論社のeBook「Jenk­insではじめるビルド職人入門」を見たところ。

技術評論社の提供するEPUBの概要のページを読むと、
Android端末では準推奨とできる電子書籍リーダーは現時点でないのですが,Andorid OS 3端末のCuckooReaderがレイアウト再現力という意味ではお勧めです。
という風に、歯切れの悪い感じに書かれている。どうもAndroidには良いePubリーダが無いらしい……。
上げられているCuckooReaderも試してみた。確かにレイアウトはきれいに出たけれど、自分の端末では縦スクロールで1章分つながって表示されてしまい、ページめくりもできなかった。こういうものなのか???

最後に試してみたのが、Himawari Reader。これがいちばんレイアウトはきれいだった。ただ、1章分つながって表示されるのは同じ。ただしこちらは、めくりボタンで1ページ分スクロールするから、ストレス無く読める。これが現状一番良いリーダかも。
でも本じゃなくて、巻物だよなこれって。

対して、PDFはAdobe純正のAdobe ReaderがAndroid対応してるだけに、特に問題もなく見ることができた。自炊したPDFの本は文字が小さくなると読みにくくなるけれど、文字がちゃんと埋め込まれたPDFなら文字がかなり細かくても読める。

写真はG*Magazine第4号を表示してみたところ。

面白かったのは、Adobe Readerの表示設定から「テキストの折り返し」を選択すると、PDFがePubのような可変レイアウトのように表示できるところ。(段組みで、コード部分が固定になってるページは可変しなかった。作り方かな?)

メニューから「画面に合わせる」だったところを「テキストの折り返し」に変えると

表示が可変レイアウトになって、フォントも大きくできる。レイアウトは崩れるけど読みやすい。

今まで、PDFは固定レイアウト、ePubは可変レイアウト、のように分けて考えていたけれど、PDFでもePubでも、文字の流れに沿って、ユーザ側で可変、固定とレイアウトを切り替えられると面白いのかな、と感じた。
見やすい画面サイズを確保できる端末は固定レイアウトで、そうでない携帯端末や、目の悪い人は可変レイアウトで。そうすれば端末ごとの画面サイズで悩まされることもなく、本の体裁も保てるんじゃないかしら。どう作るのかは考えていないけど、CSSだってAbsoluteな位置指定もできるわけだし、案外無理じゃないのかも。

というわけで、iPadもない自分が初めて手に入れたタブレット。これでしばらく遊んでみようと思う。