2010年7月28日水曜日

InDesignでそのアイテムを持つドキュメントを得る

以外とめんどくさいんですよねこれ。再帰してparentを上がっていったり……。
と思っていたけどいい方法を思いついたのでメモ。



2010.7.29追記:時間を計ってみた。

再帰してdocumentを得る関数が、parentDoc2。
新規のドキュメントにたくさんオブジェクトを作って、このスクリプトを実行した結果、
アイテムの数 -> 644
------ parentDoc(obj) -> 171
------ parentDoc2(obj) -> 724

と、こんな感じ。グループ多めにしたけど、4倍近く速い!

0 件のコメント: