2010年6月9日水曜日

ExtendScript TextMate Bundle を公開しました。

TextMateからショートカットでExtendScriptの.jsxを直接走らせるバンドルです。
元々は自分の上司の@tyama氏が作成し、それを自分が使いやすいように少しずつ直していたものです。このたび@tyama氏の許可が取れたので公開します。
興味のある方は、使ってみて感想下さい。

GitHubに置きました。
kanemu / extendscript.tmbundle - GitHub

使い方:
GitHubから落としてきたフォルダ名を[ExtendScript.tmbundle]として、 ~/Library/Application Support/TextMate/Bundles に入れて下さい。
$ cd ~/Library/Application\ Support/TextMate/Bundles/
$ git clone git://github.com/kanemu/extendscript-tmbundle.git ExtendScript.tmbundle

インストールしたバンドルは、TextMateの「Bundles」メニューの、「Bundle Editor -> Show Bundle Editor」から編集、カスタマイズすることができます。

.jsxファイルを判別するための、Scope Selector の「source.js」は JavaScript.tmbundle に依存しています。なので JavaScript.tmbundle が入ってなければ入れて下さい。
JavaScript.tmbundle の Language JavaScript の 3行目
fileTypes = ( 'js', 'htc' );

fileTypes = ( 'jsx', 'js', 'jsxinc', 'htc' );
に変更して下さい。

コードを拡張子.jsxで保存し、ショートカットキーを叩くと実行されます。
#target が設定してある場合、そのアプリが立ち上がって実行します。
なければデフォルトで、InDesign上で実行されます。

デフォルトのショートカットは、以下のように設定してあります。
  • Command + 4 -> CS4で実行
  • Command + 3 -> CS3で実行
  • Command + 2 -> CS2で実行
  • Command + option + 4 -> ExtendScript Toolkit CS4 で開く
  • Command + option + 3 -> ExtendScript Toolkit 2 で開く
このキーはぶっちゃけ結構間違えるので(CS4で走らせたい場合にCS3をキックしてしまい、よけいなアプリが立ち上がったり……)、自分で適当に直して下さい。

2010.06.16追記:
TextMateは、標準では和文の入力と、2バイトフォントの表示ができません。
※現時点で、Version 1.5.9 (1510)です。
日本語入力プラグインと見た目をまともにするためのフォントを入れる必要があります。
詳しくは下記ページにて。
TextMate で日本語をわりとまともに表示する - d.hetima