2010年6月27日日曜日

「第二回テクニカルDTP勉強会」フォロー、スクリプト・プログラマー宣言

2010年6月26日「テクニカルDTP勉強会」第二回」が開催され、前回に引き続き、自分も発表させていただきました。
発表スライドをslideshareに置いてみました。

今回、プレゼン用のスライドを初めて書きました。OpenOffice.orgのImplessを使ったのですが、慣れてないのでなかなか上手くいきませんね。Keynote使えたら良かったなぁ。


話の流れですが、Adobe系アプリを操作するためのJavaScript、いわゆるExtendScriptを書く人たちは、自分の技術を割と過小評価してるんじゃないのかな?(書く人も、雇う人も!)と思う所があり、「スクリプト書きだって、プログラマーだ!」と宣言することで、ただスクリプトを書く便利なDTPオペではなく、その先に進もう、そのためには何をしたら良いのか? といったところをまとめてみたつもりです。

実際、スクリプトを書きたい、書こうと思ってる人は多くいるのに、実際に書けるようになる人ってやっぱり少ない。それができる人は自分で調べて学ぶことのできる貴重な人材なのです。もっと自信持って良いと思うのですよ。

で、ExtendScriptに閉じこもるのではなく、もっとプログラマの使ういろいろなツールを使ってみようよ、と。
今回のプレゼンでは、
  • TextMate
  • JSDoc-toolkit
  • Git
この3つを紹介してみました。

それともうひとつ、ExtendScriptから入った人は、もうひとつ別の言語を覚えると良いよ、という提案をさせていただきました。今回例として取り上げたのは、コンソールから動かせるスクリプト言語が良いだろうと思ったんで
  • Perl
  • Ruby
  • Python
  • Groovy
の4つだったのですが、phpでも、あるいは今回の勉強会でも使われていたFlex(mxml+ActionScript)でも良いかと思います。別の言語をおぼえることで、利用範囲や考え方が大幅に広がります。おススメです。


最後に、勉強会で聞いてくださったみなさま、ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。

0 件のコメント: