2008年10月26日日曜日

MacでXindiceを使う

Xindice(じんでぃーちぇ)はjavaで書かれたXMLデータベース。

@IT:Xindice:無料で使えるXMLデータベース(1) ネイティブXMLデータベースを立ち上げる!

↑ここの記事を参考に、MacでXindiceの起動に挑戦してみる。

まず、Xindiceのダウンロードページからバイナリファイルをダウンロードする。
今回ダウンロードしたのは、xml-xindice-1.2m1-bin.tar.gz
新しい方が良いと思って。

解凍して、いつもこの手のファイルを入れている/optディレクトリにコピー。
フォルダ名をxindiceにする。
Javaはインストール済。
パスを通す。~/.bash_profile に以下を記述。
export XINDICE_HOME=/opt/xindice
export PATH=$XINDICE_HOME/bin:$PATH


iTermを立ち上げ、起動を試す。
$ cd /opt/xindice
$ ./start
-bash: ./start: No such file or directory

動かない…そもそも/opt/xindiceディレクトリの中にstartってファイルないし。
いろいろ検索するが情報なし。
よく見ると、ディレクトリ直下にxindicedってファイルがある。
これシェルスクリプトだよな…
$ ./xindiced
Xindice Server Startup Script
Usage:
./xindiced
Actions:
start Start Xindice server
stop Stop Xindice server
debug Start Xindice server with remote debugging on

おっ
$ ./xindiced start

Starting Xindice. Log files are under /opt/xindice/logs

Xindice is running with PID 27403

当たり!v1.2だと、startとstopはxindicedにまとまってるのか。

簡単に書いてるけどこれに気づくまで数時間…
あとはたぶん、上の記事通りやれば動くと思うので、今日はここまで。

0 件のコメント: