2008年4月6日日曜日

ExtendScriptでJSON

ExtendScriptはECMA準拠のJavaScriptなので、json2.jsがそのまま使えます。
そういうわけで実験。

ここからjson2.jsを落としてきて、スクリプトと同階層に保存する。
#include "json2.js"

var myObject=[
{x:8, y:8,fileName:"a.eps"},
{x:8, y:16,fileName:"b.eps"},
{x:8, y:24,fileName:"c.eps"},
{x:8, y:16,fileName:""}
];

alert(myObject.toSource());

var myJson = JSON.stringify(myObject);
alert(myJson);

var myJsonParse = JSON.parse(myJson);
alert(myJsonParse.toSource());


まず最初に、myObjectの中身が出る。


次に、JSON.stringifyでJSON化されたmyObjectが出る。


エンコードされちゃうけど気にしない。
それをJSON.parseで読み込む。


もとに戻る。以上。

0 件のコメント: